封筒

封筒VSインクジェットプリンター

文房具屋さんやネットショップなどで購入した封筒に自分で印刷を行なったときの失敗談

私は自営をしているのですが、毎月お客さんに院内通信を送るため、
大量に院内通信を印刷し封筒に入れて郵送しています。

大体毎月200枚位を送っているのですが、毎度毎度同じような失敗ばかりしているので、
どんな失敗を繰り返しているかを紹介します。

私が使用しているのは一般家庭用のインクジェットプリンターで、よくする失敗はと言うと、
1度にたくさんの枚数をセットしてその場を離れてしまい、途中でインクが少なくなり字がかすれたり、
色が薄く出てしまって大量の紙を無駄にしてしまう事です。

もちろん勿体ないので失敗した紙は裏面をメモ用紙にしますが、
この様な失敗が何度もあるので時間はかかりますが、今では1度に10枚までと決めています。

また、封筒に印刷する時などは上下や裏表を間違えることもしばしばあります。
特に難しいのが両面を印刷する時で、セットする用紙の方向や裏表を間違えてしまうと大変なことになってしまいます。
何度か試し刷りをしてはみるものの、頭がこんがらがって紙をセットする時には訳が分からなくなるのです。

その中でも一番の失敗はというと、すでに宛名を書いている封筒に印刷する事があったのですが、
インクジェットプリンターを使うと時々用紙が重なっていて何も印刷されずに出てくる事があります。
何も書かれていないために順番が微妙にずれてしまったり、
きちんと確認しなかったので何も書かれていない状態で郵送したこともあったのです。

この様な失敗をしないためにも、給紙方向の確認や試し刷りを何度もしないといけないとわかったこと、
宛名などを書く時には刷り終ってから書いたほうが失敗を最小限に抑えられることを学びました。