封筒

封筒の宛名書きでミス、印刷でもミス

気心の知れた、ふざけた対応が許される友人に対してでも
やはり手紙を送る際は封筒への宛名書きは緊張してしまいます。

求人応募先の企業への封筒や、企業間でのやりとりは更にそうなりがちです。

就職活動中に、応募先企業への宛名書きはかなりの枚数を失敗しました。
失敗の基準は人それぞれかもしれませんが、住所の間違いや極端に宛名を斜めに書いてしまったり、
字の大きさを考えずに書いたせいで封筒からはみ出てしまうこともありました。

逆に小さく書いてしまい見た目が恰好悪くなってしまったこともあります。
定規を使って真っ直ぐになるよう矯正したり、下書きをしてからペンで清書することで
間違いを防ごうという考えに思いいたるまでの無駄な時間と封筒はどのくらいになるのか思い出したくもありません。

プリンターでの印刷は、手書きではないですしテンプレートも充実していますので失敗しないだろうと思っていたのですが、
細かな調整が案外難しくて何度も失敗したことがあります。
封筒の大きさ設定を誤って、角二サイズを長三設定で印刷してしまった時は、印刷された宛名のあまりの小ささに乾いた笑いしか出ませんでした。

会社の封筒は下部に会社名や住所、ロゴなどが印刷されているデザインが多いと思いますが、
その部分に宛名を被せて印刷してしまったこともよくありました。
長いビル名やマンション名ですと被ってしまう確率が上がります。
テンプレートをそのまま使うのではなくきちんとカスタマイズしないといけないと学習しました。
人によっては失敗ではないと判定するかもしれませんが、個人的にはビル名やマンション名の途中で改行されてしまっているのは印刷失敗だと思います。
封筒は届け先までの間に何人もの目を通ることになるので不格好にならないように気を付けています。