封筒

面倒なダイレクトメールの封筒発送業務

いつも贔屓にしていただいているお得意様の顧客多数に新製品の案内(ダイレクトメール)を送るため、封筒を用意していました。
案内チラシのダイレクトメールを企画した担当者によると、案内チラシは当初A4サイズに収まる物になるという話だったのですが
最終的にA3サイズの大きな物になってしまい、印刷納期のギリギリまでデザインが決まらなかったため、
前もって用意していたA4サイズの封筒が使えなくなってしまいました。

また、いつもお世話になっている近所の文具店にはたまたまA3サイズの封筒が売っておらず
車に乗って大きな都市まで買い出しに出かける事になってしまいました。
ネットで購入すれば良かったのでしょうが、期日まで間に合いそうになく、仕方なく出向きました。
封入するチラシは写真が多く、折り畳んでしまうと見栄えが悪くなってしまう内容だったので、A3でも折らずに送付する必要があったのです。

A3などの大きいサイズの封筒を郵送する場合、定形外封筒になるので思わぬ郵送費がかさんでしまうことがわかり、
どうしてもコストを削る為にわざと質の悪い封筒を選ばざるを得ない状況になりました。

個人情報は宛名だけでしたが、封筒の中に入っている書類が少し透けて見えてしまうことと
雨が降ったときに破れてしまいそうなくらいの強度の材質になってしまいました。

また、発送コストを下げるため、封筒を手差し印刷する事になりました。
プリンターにセットしたものの、A3サイズの封筒に対応していない小さなプリンターだった為、
他の部署から大きなプリンターを借りてくる必要も出て来て、余計に面倒なことになってしまいました。

今はダイレクトメールの発送代行を行ってくれる会社もあるということで、次回からはそちらにお任せする事になりました。
これまでの失敗を踏まえ、紙見本なども見せてもらいながら、今後の封筒や案内状はここでお願いする予定です。